C-3-1ビザで韓国へ行った話 旅程編

スポンサーリンク

※この記事ははてなブログでも記載しています

こんにちは。mochipeanutです。

2年間の恋愛を経て、韓国人の夫と2022年春に結婚しました。

日韓夫婦が家族訪問として韓国へC-3-1ビザで行った話です。

ビザの申請方法などについてはこっちをみてね。

さて、無事ビザも下りたところで、旅行の日程の詳細を決めていくことに。
ちなみにビザ申請に使用した訪問理由書にも旅程をざっくり書いていたが、細かくはまだ決めていなかった。
今回の目的は、韓国の家族に会うことともう一つ大きなことがあった。

それは、結婚式場の見学

日韓夫婦のみなさまは、日本と韓国、どちらで式を挙げるのか悩むところだと思うのだが、私たち夫婦は、夫の家族がたくさん親戚がいる&韓国の結婚式はたくさん人を呼ぶ、ということだったので韓国で結婚式を挙げることにした。
時期はざっくり来年の5月(これはまた後で波紋を呼ぶのだが、その話は追い追い・・・)ということで、ちょうど1年前になるこのタイミングで式場見学、決定までしようと思ったのだ。

航空券の値段が日によってけっこう差があったため、出来るだけ安く行ける日程で行くことにした。
ちなみに私たち夫婦の仕事環境はこんな感じ。


完全リモートワーク、そして裁量労働制なので開始時間・終了時間も自分で決められる。有給も自由に取れるので割と時間の融通が効く
転職前の有給休暇中。2ヶ月近く休み

私は海外からのリモートワークを許可してもらっていたので、訪問タイミングではほぼ有給を使わず、平日は韓国で仕事、休日は式場見学というプランにした。

ちなみに夫の実家は、水原(ソウルからは1時間くらい離れた都市)にあり、結婚式場も水原にするか?という話もあったのだが、そもそも水原に私たち夫婦が気に入るスタイルの結婚式場がなかったのでソウルで行うことに。

そんな感じで航空券検索サイトと睨めっこして、家族の都合なども加味した日程はこちら。

旅程表

6月1日(水) ソウルへ到着〜水原へ移動 (有給)
6月2日-6日(木-月) 水原、平日は仕事・土日は夫の家族訪問
6月6日-19日(月-日) ソウルのホテルに宿泊、土日は結婚式場見学
6月20(月) 水原に帰省、義両親と過ごす
6月21(水) 日本に帰国 (有給)

もともとairbnbで1ヶ月単位で借りてしまって、中期滞在にしようかと思っていたのだが、airbnbって高いのね。ソウルの都心で綺麗なところを1ヶ月予約しようと思うと17万くらいからの感じだった。もちろんこの期間は日本の家賃も払いつつ行くので、そんな金額は払えないので却下。

ちなみにソウルと水原は1時間くらい離れていると前述したけれど、東京から想像するなら立川〜八王子くらいの距離感らしい。しかし街は結構大きいようで、規模感で言うと私の実家の静岡くらいらしい。全部例えなので合ってるかどうかは現地にて確かめてみる。
交通は、電車の特急・各停もあれば、バスで空港やカンナムまで1本らしく、アクセスも結構良いらしい。これも例えなので改めて検証してみる。

そんな感じで、韓国訪問の旅程が決まった。
こんな日程で大体どのくらいの金額になったかは次の記事にて。

630

コメント