C-3-1ビザで韓国へ行った話

スポンサーリンク

※この記事ははてなブログでも記載しています

こんにちは。mochipeanutです。

2年間の恋愛を経て、韓国人の夫と2022年春に結婚しました。

夫の家族とは、コロナでビザが発行されておらず、実際に会うことができないためカカオトークで話したことしかなかった。しかし、結婚後、夫の有給消化&入国条件の緩和、という良いタイミングが重なったにため、韓国の家族訪問を計画することに。

ビザ取得から韓国入国まで、色々と大変だったので備忘録も兼ねて記録しようと思う。

韓国ビザの取得方法

ビザにはいくつか種類があるが、私たちが取得したのは

【C-3-1 家族訪問】ビザ。(詳細はこちらを見てください)

 

大使館でもらった

この対象になるのは韓国人の配偶者がいる日本人か、その日本人の家族などらしい。

必要書類は上の通りだが、それぞれを簡単に補足してみます。

 

  1. 査証発給申請書
    • ビザに必要な情報を記入するシート。こんな感じ。書く箇所が多かったので、当日領事館で書くよりも事前にプリントアウトして記入して行ったほうがスムーズかもしれない。
  2. パスポート用規格写真
    • 東京の麻布にある領事館なら、領事館の1Fに機械があった。写真を提出したものの、ビザではパスポートの写真が使用されたので、この写真が何に使われたかは謎・・・
  3. パスポート
    • 6ヶ月の有効期限を残したパスポートである必要あり
  4. 隔離同意書
    • 隔離がありますよ、という旨の同意書。領事館にありました。
  5. 韓国訪問理由書
    • 韓国にて、どのくらいの期間、どのようなことをするのかというのを1枚にまとめたシート。形式はなく、自由だそう。いろんな人のブログなどを見て、適当に書いても通ったという人もいたが、私の夫は丁寧に表にして、どうやって過ごすかなどをまとめてくれた。もしシートを参考にしたいひとがいれば、共有するのでコメントしてください。
  6. 家族関係証明書
    • これは夫が、ネットでダウンロードしてプリントアウトしてくれた。
  7. 日本の戸籍謄本
    • 私はマイナンバーカードを持っていたのでコンビニにてプリントアウトした。土日と夜間はプリントアウトできないので注意。

 

こんな感じ。このシートを全て準備して、私は都内在住なので麻布の駐日大韓民国大使館に行った。

ビザの申請は午前9:00-11:30で、私が行った時はそこまで混んでいなかったが、混んでいて11:30までに受付に呼ばれないと次の日に再訪問という鬼畜システムらしい。

申請自体は書類も揃っていたのですぐに終わり、10日程度でビザが発行されると言われた。ちなみにパスポートはビザの申請上、回収された。
ビザの進行状況はKOREA VISA PORTAL(https://www.visa.go.kr/)にて確認とのこと。ちなみにこの確認には、自分のパスポートNoが必要になるので、パスポートNoは事前に控えておくこと。

私はGW前の4/25に申請して、5/9にビザが下りた。GWも挟んでちょうど2週間。

ビザの進行状況確認画面。

 

ビザが発給されたので、ビザを取りにまた韓国大使館へ行った。
ビザの受け取りは午後2-4時。混むだろうと思って2時ちょっと前に着いたら、すでに40人程度の待ちがいた。

しかし、基本的にはみんなビザを受け取るだけなので、サクサク順番は進み、30分くらい待って自分も呼ばれた。
ビザはパスポートに貼られるとおもっていたが、まさかの紙ペラ1枚。無くしたら終わりなので、大事に大事に持ち帰った。

紙のビザ

 

ということでビザが無事発行された。気軽にサクッと行けていた韓国が、こんなに遠い国になるとは・・・。

次は旅程についてまとめます。

コメント