スカイパークキングスタウン 東大門 宿泊レポ

スポンサーリンク

今回は韓国長期滞在の際に宿泊したホテル、スカイパークキングスタウン 東大門の紹介です。

スカイパークキングスタウン東大門 | 三鶴航空サービス株式会社

ホテル スカイパーク キングスタウン トンデムン

このホテル、またソウルに行くことがあればまた泊まりたいと思う超絶おすすめのホテルで、

  • 立地が良い(東大門駅から5分、DDP駅から徒歩6分くらい)
  • アウトレットモールの上で、ご飯屋さんやコンビニなど周りに沢山ある
  • 日本語が通じるスタッフがいた
  • 中が綺麗
  • 共用キッチンがあり、レンジやIHコンロつき
  • シャンプー・ボディーソープなどのホテルアメニティが個パッケージ
  • コンセントが日本の形も対応

とまあこんな感じ。

ちなみに私たち夫婦が泊まったのはレジデンスツインという部屋で、お値段は13泊で105,202円
1泊に換算すると、8,092円で、1人あたり1泊4,000円というリーズナブルな価格だった!

クローゼット x 2、デスク x 2、ダイニングテーブル、テレビ x 2、シャワー、バスタブがある部屋で、少し大きめの部屋だった。

早速紹介していこうと思うが、なんとエントランスや外観の写真を撮り忘れてしまった(痛恨・・・!)ので、部屋の写真だけです。

ホテルマップ

私たちは21階のVERY MOMという化粧品とコラボしているお部屋のフロアだった。
マップで言うと19番にあたる部屋で、広さも他の部屋よりあったみたい。

レジデンスツイン  ①入口

部屋の中に入ってみると、まず左手に大きなクローゼットがあった。
一番手前がスーツケースを置けるエリアになっていて、
その奥は私と夫、それぞれのクローゼットがあった(つまりクローゼットが2つあった)のが高ポイント!
長期滞在でなくても、服を広げておきたい人も多いはずなので、これは良かった。

ちなみに写真には収めていなかったが、各クローゼットには全面鏡もあったのも良かった。

レジデンスツイン ②シャワールーム、トイレ、バスタブ

そしてこれも良かったのが、トイレと洗面所・バスタブが分かれている・・・!
韓国あるあるだが、高級ホテルでない限りトイレとシャワールームが一緒になっていることが多く、びしゃびしゃになった床でトイレを済ませるのが嫌な人もいると思うので、こちらも高ポイント。

また、夫と同じタイミングでシャワーを浴びたい時も、それぞれの部屋で浴びれたのも良かった。
バスタブもあるので、ゆっくりお湯に浸かれるのも良かった。

シャワー・トイレエリアはこんな感じ。
上からのシャワーと、ノズル式のシャワーのどちらも使えたのも良かった。
トイレもウォシュレット付きなので安心感あった。

洗面台・バスタブエリアはこんな感じ。
バスタブは足がゆるっと伸ばせるくらいの大きさで、結構大きかった。
洗面台はライトが強すぎず、メイクするのにちょうど良かった。

 

アメニティ

デフォルトで用意されていたのは、左から石鹸、ボディソープ、シャンプー、コンディショナー、ボディクリーム。これは毎日清掃に入るたびに変えてくれていたのですごく助かった!ボディクリームなどは使いきれなかったので、沢山持ち帰った。
逆に歯ブラシはフロントでもらう必要があり、歯磨き粉もチューブ式ではなく、パック式の都度使用するタイプだった。個人的に使いづらかったので、このホテルの地下1階にあるダイソーで、歯ブラシと歯磨き粉を購入して使っていた。

 

レジデンスツイン ③デスク

そして一番助かったのがこれ、デスク!
私はテレワークをしつつの韓国滞在だったため、デスクがあることがマストだったのだけれど、横に広かったので仕事する人向けのサイズ感で良かった。
ツインなのでデスクが2つあるのも良い。

コンセント、お茶周り

ちょっと小さいかもしれないが、コンセントは海外対応のものなので、変換プラグも不要。またUSB充電もついているので、最悪ケーブルさえあればスマホは充電可能だった。

お茶周りはコロナの影響もあってか、マグカップはなく、紙コップが置いてあった。
お茶は玄米茶(めずらしい!)とコーヒー。コーヒーはたしかパウダー式だったので、私はドリップを別で買って毎日飲んでいた。

 

レジデンスツイン ④キッチン

キッチンと呼べるほどなのか謎だが、水道と電子レンジがついていた。
韓国に行くとやたらとコンビニご飯が食べたくなるので、ご飯のゴミもここに集められたのも良かった。

レジデンスツイン ⑤ベッド

ツインなのでもちろんシングルベッド2つ。でも可動式だったので、わたしたちはくっつけてキングベッドのように使っていた。
この壁のデザイン、なんとも言えない・・・。

レジデンスツイン ⑥テレビ

この部屋、テレビが2つあった。ベッド側と、デスク側で見るためだと思うのだけれど、私はなんと奥側のテレビはPCにつないでモニターとして使っていた。笑
壁に固定されているというより、斜めや少し手前に出すこともできるアーム状のもので固定されていたのが良かった。

レジデンスツイン ⑦ダイニングエリア

奥側のテレビ前には、ミニテーブルもあって、ここでご飯を食べたりコーヒーを飲んだりしていた。
広さもかなりあったので、スーツケースはここで余裕で広げられた。

外の風景

外の風景はこんな感じ。左側のビルはミリオレビルで、これがなかったら東大門も見えるのかも・・・と思った。
真ん中の奥側に見えるのはDDP。いつもDDPのスタイリッシュなデザインを見てテンションが上がっていた。
私たちの方角では見えなかったが、マップで言うと20号室のエリア(マップ右側)だとソウルタワーも見えるようだった!

 

まとめ

ホテル&アウトレット前のぐるぐる回る椅子

 

ホテル スカイパーク キングスタウン トンデムン

このホテル、本当に自分によく見つけた!と言いたいくらい、コスパ・立地・環境が整っていたホテルだった。
特に長期滞在の人や、複数名で宿泊する人には、クローゼットやシャワーも複数あるし、広さも申し分ないのでめちゃくちゃオススメです。
しいて言うなら、Wifiの電波が少し弱かったので、次回滞在する時はポケットWifiも持ってこようと思っている!

是非、韓国旅行に行く際は、こちらのホテル、使ってみてください。
この記事が誰かの参考になれば幸いです。

 

コメント